FIJ学生スタッフ制作のリーフレットをニュースパーク(横浜)で配布しています


 FIJの「ファクトチェック国際協力プロジェクト」に参加する学生スタッフ有志がリーフレットを制作しました。学生スタッフの発案によるこのリーフレットは、ファクトチェックを身近に感じてもらうこと、情報リテラシーを高めることを目的とし、活動を通じて得たノウハウや、ファクトチェックの事例、情報に接する心構えなどを解説しています。

 内容はこちらからご覧いただけます

 

 このリーフレットは、現在開催中の「緊急企画展『新型コロナと情報とわたしたち』」(横浜市・ニュースパーク[日本新聞博物館]、9月27日まで)にて配布しています。「インフォメーション」と「エピデミック(感染症の流行)」を合わせた「インフォデミック」と呼ばれる事態が進行する中で、情報を見極める力の大切さとメディアの役割について考える企画展です。

 

 FIJでは「新型コロナウイルス特設サイト」を開設し、国内外の疑わしい言説についての情報をご提供しています。また、FIJ英語版サイト、ニッポンドットコムのWeekly-Fact-Checkスマートニュース米国版への配信を通じて日本と日本人に関するファクトチェック情報を世界に向けて発信しています。リーフレットを発案・制作した学生スタッフも運営に参加するこれらの取り組みに、引き続きご注目・ご支援のほどお願い申し上げます。