FIJとは

 

 FIJ(ファクトチェック・イニシアティブ)は、日本でファクトチェックの普及活動を行う非営利団体です。
 誤情報や真偽不明の情報が拡散し、社会的分断への懸念が高まる中で、ファクトチェックをジャーナリズムの重要な役割の一つと位置づけ、社会に誤った情報が拡がるのを防ぐ仕組みを作っていこうと、2017年6月、ジャーナリストや専門家ら10人の呼びかけで発足しました。

 世界各国では、様々な組織によりファクトチェック活動が展開され、メディアとプラットフォーム事業者が協働して問題に対処する取組みも広がっています。その一方で、日本での取り組みはかなり遅れています。
 そこで、私たちは、ファクトチェックの意義に対する認知と理解を広めつつ、実務的な担い手を増やし、支える仕組み作りを始めました。業界の垣根を超えてネットワークを築き、世界標準の公正なファクトチェック活動を目指しています。

 FIJの取組みの三本柱は「テクノロジーによる支援」「国内外の動向の発信」「メディアと市民の協働」です。
 2017年秋の衆議院選挙では、日本初の本格的なファクトチェック・プロジェクトを、4つのメディアと実施しました。
 また、人工知能技術により疑義言説を自動的に検知するシステム(FCC)の開発や、市民や学生などの協力により疑義言説を調査し、情報を共有するシステム(ClaimMonitor)の実証実験にも取り組み、沖縄県知事選(2018年秋)のプロジェクトなどにおいてその成果を発揮しています。

 FIJは主に会費や寄付、民間の助成金などで運営されており、政府はもちろん、あらゆる組織から独立した非営利団体です。現在、現役記者や専門家など100人以上の個人会員や、テクノロジー企業などの法人会員がFIJの活動を財政面で支えています。そして、数多くのサポーターやメディアパートナーがFIJのプロジェクトに参画しています。