メディアパートナーの募集

FIJでは、誤った情報に惑わされない社会に向けて、メディアパートナーと相互に協力して公正なファクトチェック活動とその普及に努めます。

FIJは、ファクトチェック・ガイドラインの趣旨を踏まえ、公正なファクトチェック活動を行うメディア等を支援します。

具体的には、

①事実関係に疑義のある言説・情報(=疑義言説)の自動収集システム(東北大学大学院NLP LAB、スマートニュース、日本報道検証機構、FIJの共同開発)の閲覧使用
②疑義言説の情報共有・通知システムの提供
③ファクトチェック実務者間のオンライン情報交換グループへの招待
④実務者間でガイドライン等を協議する「メディアパートナー会議」への招待
⑤FIJセミナー(会員向け)への招待
⑥パートナーが発表したファクトチェック記事の周知・広報

などを通じて、メディアパートナーのファクトチェック活動を支援します。

メディアパートナーへの上記協力・支援は、当面の間、無償で行う予定です。

このプロジェクトの資金は、トヨタ財団研究助成「インターネット上の誤情報拡散を抑制するファクトチェック・ネットワーキング・システムの構築」(代表・楊井人文事務局長)により賄われる予定です。ただし、中長期的にこのプロジェクトを継続していくには資金が不足しておりますので、何卒更なるご賛助・ご支援を賜りたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

FIJでは、相互に協力して公正なファクトチェック活動とその普及に努めるメディアパートナーを募集し、随時、説明会・個別相談会も行います。メディア・組織としての正式参加を原則としますが、個人の立場でのオブザーバー参加も可能です。お問い合わせは、こちらのフォームからご連絡をお願いいたします。

 

説明会・相談会の予定

現在、予定はありませんが、随時、開催しています。