国際的なルール

 

 ファクトチェックには国際的に確立した原則があります。
 国際ファクトチェックネットワーク(International Fact-Checking Network、IFCN)が掲げる“Code of Principles”(ここでは「ファクトチェック綱領」と訳します)です。「非党派性・公正性」「透明性」など5つの原則が定められています。2016年9月に制定されました。

 IFCNはこの綱領に基づいて正式加盟団体の審査を行い、世界各国の60以上のメディア・団体が加盟しています。FacebookはIFCNの加盟団体にファクトチェックの要請を行う方針を示しています。

(IFCNファクトチェック綱領はその後、表現が若干変更されています。最新版はこちら

 

IFCN ファクトチェック綱領(対訳)

The International Fact-Checking Network (IFCN) at Poynter is committed to promoting excellence in fact-checking. We believe nonpartisan and transparent fact-checking can be a powerful instrument of accountability journalism; conversely, unsourced or biased fact-checking can increase distrust in the media and experts while polluting public understanding.

 ポインター研究所の国際ファクトチェックネットワーク(IFCN)は、ファクトチェックの質的向上を目指しています。私たちは、非党派性と透明性をもったファクトチェック活動がジャーナリズムのアカウンタビリティーの強力な道具になりうると信じています。逆に、根拠不明で偏りのあるファクトチェックは人々の理解を妨げ、メディアや専門家に対する不信を増大させることになるでしょう。

This code of principles is for organizations that regularly publish nonpartisan reports on the accuracy of statements by public figures, major institutions, and other widely circulated claims of interest to society. It is the result of consultations among fact-checkers from around the world and offers conscientious practitioners principles to aspire to in their everyday work.

 この行動規範は、公的な人物や主要な機関による言説や、広範に流通している社会の利害に関する言説の正確性について、非党派的な記事を恒常的に発表している組織のためのものです。これは、世界中のファクトチェッカーが協議した結果であり、日々の活動における原則を誠実な(ファクトチェックの)実践者に提供するものです。

1. A COMMITMENT TO NONPARTISANSHIP AND FAIRNESS
We fact-check claims using the same standard for every fact check. We do not concentrate our fact-checking on any one side. We follow the same process for every fact check and let the evidence dictate our conclusions. We do not advocate or take policy positions on the issues we fact-check.

1. 非党派性と公正性
 私たち(ファクトチェッカー)は、全てファクトチェックにおいて同じ基準を用いて言説のファクトチェックを行います。一方のサイドに偏ったファクトチェックはしません。全てのファクトチェックのために同じ手続に従い、証拠をもって結論を語らせるようにします。私たちは、ファクトチェックする問題について、唱道したり、政治的立場をとったりすることはしません。

2. A COMMITMENT TO TRANSPARENCY OF SOURCES
We want our readers to be able to verify our findings themselves. We provide all sources in enough detail that readers can replicate our work, except in cases where a source’s personal security could be compromised. In such cases, we provide as much detail as possible.

2. 情報源の透明性
 私たちは、読者に私たちの調査結果自体を検証してもらいたいと考えています。読者が私たちの調査をたどれるよう詳細に全ての情報源を提供します。ただし、情報源の個人的な安全が損なわれる場合を除きます。そのような場合でも、可能な限り詳細な情報を提供します。

3. A COMMITMENT TO TRANSPARENCY OF FUNDING & ORGANIZATION
We are transparent about our funding sources. If we accept funding from other organizations, we ensure that funders have no influence over the conclusions we reach in our reports. We detail the professional background of all key figures in our organization and explain our organizational structure and legal status. We clearly indicate a way for readers to communicate with us.

3. 財源・組織の透明性
 私たちは、財源について透明性をもちます。他の組織から資金を受け入れても、資金拠出者は私たちの調査で達した結論に対して全く影響を与えないことを確約します。私たちの組織における全ての重要人物の職業的背景を詳しく説明し、組織の構造や法的地位についても説明します。読者が私たちと連絡をとる方法についてもきちんと示します。

4. A COMMITMENT TO TRANSPARENCY OF METHODOLOGY
We are transparent about our funding sources. If we accept funding from other organizations, we ensure that funders have no influence over the conclusions we reach in our reports. We detail the professional background of all key figures in our organization and explain our organizational structure and legal status. We clearly indicate a way for readers to communicate with us.

4. 方法論の透明性
 私たちは、自分たちが用いている選択、調査、執筆、編集、公表、そして自らのファクトチェックの訂正についての方法を説明します。私たちは、読者にファクトチェックすべき言説を提供するよう奨励し、私たちがファクトチェックをする理由や方法について透明性をもちます。

5. A COMMITMENT TO OPEN AND HONEST CORRECTIONS
We publish our corrections policy and follow it scrupulously. We correct clearly and transparently in line with our corrections policy, seeking so far as possible to ensure that readers see the corrected version.

5. 明確で誠実な訂正
 私たちは、自らの訂正方針を公表し、厳格に従います。その方針に従って、読者に訂正記事を明確かつ透明性をもって表示されるように、訂正を行います。