ファクトチェックの技術支援


FIJは、メディアパートナーのファクトチェックの取り組みを支援するため、自然言語処理の機械学習システムを用いて、疑義言説(正確性に疑義のある言説・情報)を捕捉・収集し、データベース化するシステムを構築・運用しています。

疑義言説収集システム(FCC)
 東北大学大学院の乾・鈴木研究室スマートニュースにより開発された、機械学習により事実と異なる可能性の高い「疑義言説」を捕捉するシステムで、2018年沖縄県知事選プロジェクトの頃から運用を開始しました(参考論文)。
 現在は、学生を中心とした「モデレーター」チームが捕捉する疑義言説の大半が、このFCCシステムが収集した情報に由来しています。

 システムの詳細は、旧サイトのページをご参照ください。

疑義言説データベース(ClaimMonitor)

 FIJでは、2018年より疑義言説を収集し、ファクトチェックに取り組むジャーナリストと共有するClaimMonitor(クレイムモニター)プロジェクトを進めてきました(過去の取り組みは旧サイト参照)。

 2019年12月下旬より、新しい疑義言説データベースシステム「ClaimMonitor2」の運用、サービス提供を開始しました。会員から選抜された「モデレーター」が、スマートニュース等により開発されたFCCシステムなどにより検知した疑義言説データをCliamMonitor2に入力し、メディアパートナーに通知する仕組みとなっています。

 現在、FIJのメディアパートナーはファクトチェック記事化の際、このClaimMonitorを積極的に活用しています(詳細はこちら)。