主な協働実績


FIJは国内外の企業・団体と協働し、ファクトチェックの普及・啓発を進めています。

新型コロナ特設サイト掲出


国連キャンペーン協力
FCCシステム開発
東北大学大学院の乾・鈴木研究室とスマートニュースにより開発された、機械学習により事実と異なる可能性の高い「疑義言説」を捕捉するシステムです(詳細)。2018年より運用開始しました。
国内メディアパートナー
FIJは、メディアパートナーに、疑義言説の情報提供やメディアパートナー会議への招待など、各種の協力・支援を行っています。メディアパートナーのファクトチェック記事は「ファクトチェック・ナビ」でまとめてご紹介しています。






海外パートナーとの協働
IFCN(国際ファクトチェックネットワーク)の新型コロナウイルス・ファクトチェックデータベース作成に協力し、日本発の記事を登録しています。台湾ファクトチェックセンターとは調査などで相互に協力しています。