報ステの発言「労働人口が減ったから有効求人倍率は当然上がる」は間違い

2017. 10. 26

検証者 (Fact-Checker): GoHoo楊井 人文

  • 検証記事 (Report):報ステの発言「労働人口が減ったから有効求人倍率は当然上がる」は間違い

  • 掲載日 (Date):2017/10/25
  • 対象言説 (Statement)

    • 有効求人倍率が上がったと言っても、日本全体の労働人口が減っているわけですから、当然数字は上がってるわけですね(後藤謙次氏・ジャーナリスト、共同通信客員論説委員)
    • 媒体・場所 (Media/Location):テレビ朝日・報道ステーション
    • 発言・発表日 (Date):2017/10/18

    事実・根拠 (Fact/Basis)

    • 後藤氏のいう「労働人口」を労働力人口または就業者数とすると、2012年以降は増えている。有効求人倍率は、労働力人口、就業者数、生産年齢人口が減少すれば当然上昇する、というものではない。

    ファクトチェック方針 (Fact-checking Policy)

    このページでは、プロジェクト参加メディアからの報告と了承のもと、ファクトチェック記事に関する要旨を紹介しています。このページに掲載した情報は、ファクトチェックの成果の一部であり、完全なものではありませんので、必ず元の記事の全文をご確認ください。また、このページは掲載時点での情報であり、今後、新たな情報により修正される可能性がありますので、ご留意ください。